2007年03月25日

世界フィギュア 女子フリー

最近は地上波を見ることはほとんど無かったのだが(除タモリ倶楽部)、 今夜は10chでサッカーの代表戦→8chでフィギュア世界選手権の録画中継もありチャンネルを回した。

まず安藤美姫選手にははっきり言って驚かされた。今更ながらトリノのときに書いたことが恥ずかしく思えるくらい。 他の選手とはケタ違いに美しかったし強烈な光を放っていたと思う。ここに至るまでに、どれだけのハードな練習をこなしたのか。 やるべきことをやった自負があるからこそ、冷静にプログラムをこなし(クアッドをトリプルに変えてましたね)、 細部にまで気を使うことができたのだと思う。

視線から指先に至るまで丁寧に気持ちが込められているのがブラウン管越しでも伝わってきたもの。そして何より笑顔が戻った。 圧倒的な磁力と野性味を持ったあのスマイルだ。

異常なプレッシャーから解き放たれたことが大きかったのかな。失意のトリノから始まったこの1年が、 安藤選手にとって大きな飛躍のきっかけになったのかなと思うと、一ファンとして素直にうれしかった。

同時にやはり並ではないと思ったのが浅田真央さん。SPではやや自爆気味だったかな。でも今夜は違った。Tアクセルを決めた途端、 すべてが回り出す。暮れのNHK杯もそうだったけれど、やはりジャンプがあっての真央さんなんだと再確認した。

でも正直いってまだ演技から彼女の最大の魅力である奔放さは伝わってこない。後は完成度をいかに高めるか、 波のない演技をするかにかかってくるのだろう。オレら素人には想像のつかない高いレベルで自らと闘っているのだろうけど、 これは時間が解決してくれるでしょう。

来シーズンへ向け、まずはリラックスして欲しいと思う。

でさ、ええかげんにせえよテレビ

天漢日常さんも書いてらっしゃるけど、最低限やっちゃいけないことってあるだろ。 これから人生をかけた一世一代の演技をしようという女優が楽屋の様子を映されたいと思うか? カメラがあれば気にするのが人間。 見られを意識するのが女性でしょう。まあ百歩譲って素材として撮るならしゃあない。そこも含めて放映権買ってるんだろうし。 そんで後でドキュメントでも何でも作りゃあいいじゃんか。

競技会の最中は氷上の出来事を過不足なく伝えればいい。 選手にキャッチフレーズをつける必要はない。そして中継を担当するアナウンサーは自分が盛り上がる必要はない(ジャニタレは論外)。古館、 船越らの劣性遺伝子だけを受け継いだキミたち。どんだけオナニストなんや。

あらゆるスポーツ中継で場内音声のみのサブを必須にしてほしい。まあ彼らは何を言っても聞く耳を持たぬだろうが。

posted by Aequitas at 00:09 | 沖縄 ☁ | Comment(21) | TrackBack(7) | フィギュアスケート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。