2006年02月22日

ネタ大国

V4010008昨日のエントリでも書いたがseoulはコピー天国である。
同時にいろんなネタの宝庫でもあるのだ。

例えば栄養ドリンク。風俗大国でもある韓国ではいわゆる「コト」が終わったあとにこれが出てくる。わたしが連れて行かれたお店では終了後にこれが出てきた。あのドーピングで有名な??馬軍團??である。いかにも利きそうだ。勧められるままに一気に飲み干したが正直リポDとの違いは分からなかった。ロッテのキシリトールガムがタンクに大量に入ったものが100円そこそこで市場で売られていたりもした。

V4010015b 2日目の夜10時過ぎのこと。そろそろ空港行きの迎えのバスが来る時間だ。わたしは24時間営業の東大門市場でお土産購入を済ませ、ちょうどホテルに戻ったところ。ふとそこに黒タクシー(日本語通訳可能なやや高めのタクシー)に乗った韓国人の男性が現れた。「オニサン。この近くで遊んでいかない?」と言う。昨夜のこともあり正直心惹かれたが、普通に時間が間に合わないので断る。そこでそのポン引きが「ネクストタイム、楽しんでネ」と言って渡してきたのがこの名刺だった。

言われてみればその男は確かに我が愛する阪神タイガースのアニキこと、金本選手にソックリだった。カスタマーの立場にたって話せる、できたガイド、そしてポン引きである。わたしたちは固い握手を交わす。未来の再会を約束してその場は別れた。

帰りのバスの中で含み笑いしながらふと気付いた。わたしは初めて訪れたこの国のことをすっかり気に入ってしまっていたのだ。料理、映画を含めた文化、そして美しい女性たち。きっと近々また訪れるはず。そのときには真っ先にアニキに連絡を取っているはずだ。

     

posted by Aequitas at 22:26 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27458348

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。