2006年02月23日

悲劇の女王 ??戴冠のとき??

あと何時間かでフィギュアスケート女子のフリープログラムが始まる。

けさのスポーツ紙の1面を飾ったのは荒川静香さん。SPを終わって小差3位と好発進だ。 以前のエントリでも書いたが事前に唯一メダルの可能性があると言われていたのがこの競技。 当然プレッシャーもあっただろうに。しかも直前に肩の脱臼、スケート靴が合わないという致命的なアクシデントに見舞われながら、 自己ベストを叩き出したその集中力にはとにかく脱帽するしかない。

ジャンプで手を着いてしまった安藤美姫さん。 ワダエミがデザインしたという衣装についてアナウンサーが「良さを消している」などと言っていたように記憶しているが、 愛くるしい表情とは裏腹の安藤選手のコケティッシュな魅力を引き出していたのではないか。個人的にワダエミデザインといえば「HERO」 の真っ赤(オレンジ?)な衣装だがまさか「戦メリ」に赤というわけにもいくまい。

村主章枝さんもノーミスの演技で4位につけた。衣装と音楽がうまくシンクロしていたし、 彼女らしいオーバーアクト気味の表情も相まって観客を自らの領域に引きずり込むことができていたように思う。 世界的に評価が高いという村主選手の表現力を存分に発揮していたたのではないか。

L_cohen_fs01cs_1 ただ昨年暮れから見始めた素人の目には上位2人に一日の長があったように感じられた。 信じられない柔軟性を武器に人間業とは思えない高難度のスパイラル、スピンを次々と繰り出したサーシャ・コーエン選手。 いかにもアメリカ娘らしい勝ち気な表情、しぐさも観客やオフィシャルに好印象を与えていたように思う。 Skater_p_slutskaya_1

そしてわたしがもっとも好きなロシアのイリーナ・ スルツカヤ選手はとにかくエレガント。もろに贔屓目だろうが、 はっきり言ってひとつひとつの技の完成度が高く、流れの中にうまく組み込まれたジャンプもほぼパーフェクトだった。 あまりにソツなくこなし過ぎたのかもしれないが、それだけに演技終了後キス&クライで彼女が一瞬見せた不満そうな表情もさもありなんだった。

ソルトレークで銀メダル。重病に倒れた母親の看病、自らも病魔と闘いながらリンクと運命を共にすることを決断したスルツカヤ選手。 う??ん、是非ゴールドメダルを取って欲しい。

荒川選手と同点で…なんてわけにはいかないだろうな。

   

posted by Aequitas at 23:39 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。