2006年04月29日

土俵際で踏み止まる

  とりあえず最悪の事態だけは免れたみたいだ。

   保坂展人議員の「どこどこ日記」 によれば国対同士の折衝で「今日は強行採決はしない」旨決定。連休明けに民主の修正案も含めての再審議を行うことになったようだ。まあ、 徳俵でギリギリ踏み止まっているという状況は変わらない。一気の押し出しを免れただけだろう。 でも良く与党が採決を諦めたものだ。 あれほど強硬だったというのに。

    ふと、どっかのブログで8chの「めざましテレビ」 が共謀罪について取り上げていたというエントリを思い出した。あの時間帯における占有率は結構な割合のはずだから、 これが事実なら何百万もの人が初めて「共謀罪」という言葉を耳にしたことになる。もしかしてこれが利いてたってことなのだろうか。

    翻って日本の新聞はあのフジテレビ以下か?  わたしの記事検索の方法が間違っているのかもしれないが、前回のエントリ以降全国紙のサイトにアップデートされている情報は日経のこの記事くらいだった。

       

衆院法務委、与党「共謀罪」採決提案  与党は27日の衆院法務委員会理事懇談会で、実際に犯行に着手していなくても事前に謀議しただけで罪に問える「共謀罪」 を創設する組織犯罪処罰法などの改正案について、28日の採決を提案した。民主党は拒否した。 28日朝の同委理事会で採決日程について再度協議するが、物別れとなれば審議が混乱する可能性もある。同委では原案と与党修正案に加え、 民主党修正案を併せて審議する予定だ。 (23:01)       

    採決が見送られたことはニュースでも何でもないという判断なのか。 それとも織り込み済みだったのかな。何れにせよけさの朝刊では載っていても超ベタ扱いだろう。 なんかもうネットで記事検索することすらアホらしくなってきた。

    そんな悲嘆に暮れながら北海道新聞のサイトを覗いてみる。 ??共謀罪??で検索すると今月22日の社説がヒットした。 以下引用する。

   心配なのは、市民運動や労働組合、宗教団体、会社、 サークルなど、反政府的とみなされた活動が標的にされかねないことだ。実際に、 共謀罪はイギリスや米国で労働運動や政治運動の弾圧に利用された歴史を持つ。  与党の修正案が、 適用対象を犯罪の実行を共同の目的とする団体に限定したと言っても、「犯罪の実行」を、目的に掲げる団体があるだろうか。 いつ犯罪目的に変質し、いつ合意が行われたのかなどの判断は結局、警察や検察、裁判所に委ねられる。     

    修正案は、 何らかの準備行為があることをも共謀罪の構成要件に加えたが、「何らかの準備」は、殺人予備罪などの「予備」行為より手前の段階という。 何が該当するかあいまいだ。  実行前に自首すると刑を減免する規定も残っており、密告の奨励につながる。「壁に耳あり、 障子に目あり」 と、周囲に気を使い、人をスパイと疑ったかつての日本に戻る恐れがある。                 

   法律ができた後、共謀容疑をつかむために、 捜査手法が拡大される懸念もある。現在は限定的にしか認められていない警察の盗聴を、政府・自民党が広く許す法改正を検討している。        

 う??ん。一部をコピペしたが(中略)にすべき箇所が見当たらない(笑)。 さすがは道警裏金疑惑で名を馳せた道新(もっとも最後は関係者を飛ばして道警の軍門に下ったらしいが…)。 22日付だから書かれたのは法務委員会で審議が再開された21日だ。さて22日付けの朝日、 読売の社説は何だったかなと思い調べようとしたが…。

    をいをい、23日付からしか読めないじゃないか。 社説はその新聞の意見、姿勢を明確に示すものでしょう。それくらい無料で全部読ませてほしいよ。 ちなみに日経は22日付から、 毎日新聞が3月30日からのひと月分だった。そして何と産経新聞が3月1日付からの掲載である。

    結局フジ、産経が一番ましっていうこと?

 

posted by Aequitas at 11:47 | 沖縄 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 共謀罪
この記事へのコメント
事態とか、最悪とか大きい最悪とか免れた
ぶちきれたちが、広い保坂などをBLOGしたかったの♪
Posted by BlogPetのぴょん吉 at 2006年04月29日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。