2006年09月22日

麻原裁判雑感

旧聞に属する話ではあるが麻原裁判について。
予想していた結果、そして予想していた報道ではあったが少しがっかりした。もちろん死刑確定が残念だというのではない。 この異議申立て棄却によってまたひとつ「法の支配」という近代法の基本理念から遠ざかってしまったんかなあ…とかぼんやりとした思いからだ。

95年3月20日の地下鉄サリン事件以降、 この国ではある事件を許しがたい犯罪と認識する閾値が下がってきたのではないか。このときを分岐点として社会のリスク許容度というか、 本来共同体が内包していた寛容さが猛烈な勢いで失われていったように思う。
わたしは当時ド田舎の高校生だったので東京の雰囲気はわからないが「ニュースワーカー」 の美浦さんは当時の空気をこう振り返る。

 警察はなりふり構わず、と言っても過言ではない捜査を進めた。 オウム信者で幹部クラスとみれば、ありとあらゆる法令を駆使して逮捕した。それほどの幹部でなくても、 カッターナイフ1本を所持していただけで銃刀法違反の現行犯とみなすことまでやった。教団幹部が一人、また一人と逮捕され、 とうとう松本智津夫が逮捕され、テロ実行部隊のリーダーとみなされた逃亡中の幹部が逮捕されて、 何となくほっとしたのはわたしだけではなかったと思う。それは、もう「見えない脅威」におびえ続けなくてもいいのだ、 という安堵だったと思う。

野田敬生さんあたりが以前から指摘されていることだが、 この事件によって行政改革の槍玉に上げられていた公安調査庁が息を吹き返した。
同時に盗聴法、表現・メディア規制、住基ネット、監視カメラ、生活安全条例、「青少年保護」を謳ったネット規制、有事法制など (こうしてみるとホントにたくさんの法律ができたんだなあ…) 市民の行動やメディアの活動に対する監視と統制を可能にする条件面の整備も着々と進められている。
どっかその辺でワーワー騒いだ人々を除けば、基本的にわたしたちの社会はこの流れを支持し続けてきた。

なぜだろう。

「見えない脅威」を梃子にしたのは海の向こうも一緒だ。アメリカでは9・ 11の後に愛国者法が成立。市民の自由が大幅に制限され。政府機関による市民への秘密裏の盗聴、令状無しの身柄拘束、 拷問を禁止していない第三国での取調べなどが行われた。でも5年たった今イラク戦争を支持しない米国人の割合は6割にまで増え、 英国でもブレアは退陣に追い込まれた。明らかにバックラッシュが起きている。

けれど日本ではその気配は見えない。それどころか今度は容疑段階で令状なしにDNAサンプルを採取し、 データベース組み込もうという動きがあるらしい。監視カメラのときと同様、 秋田の事件でも有効だったとかDNAプロファイル礼賛のプロパガンダも始まった。

何度も繰り返されてきたことかもしれないが、 なぜこの国では揺り戻しが起きないのか。なぜ自らの自治権を放棄し、生活のあらゆる部分に権力の介入を積極的に求め続けるのか。 同調圧力が強いとか、想像力が働かないからとかそんなことじゃもうひとつ納得がいかない。かといってバカだから、 じゃあまりに陳腐すぎるしなあ 。

posted by Aequitas at 20:30 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27458381

この記事へのトラックバック

教祖の死刑確定に割り切れなさが残る
Excerpt:  オウム真理教の教祖松本智津夫被告の死刑がきのう15日、確定した。2年前の2月に東京地裁が言い渡した死刑判決を不服として、被告側が行った控訴を東京高裁が棄却する決定をし、その決定を不服として弁護側が行..
Weblog: ニュース・ワーカー
Tracked: 2006-09-23 12:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。