2007年01月30日

番組改変問題判決雑感

NHK番組改変問題の高裁判決が話題だ。判決要旨しか見ていないがポイントとなるのは以下の3つと思われる。

a)取材される側には報道される内容に対する期待権(自己決定権)が存在する
b)今回のNHKの番組改変は期待権を侵害し、編集の自由を逸脱、濫用するものである
c)安倍晋三らが圧力をかけ具体的な指示を出した結果、改変に至ったとまではいえず、 NHK側が議員の発言を過大に慮ったことが原因

(a)と(b)に関しては併せ技で原告側の訴えを全面的に認める内容。
期待権侵害→法的救済にあたる場合として

番組制作者の編集の自由と、取材対象者の自己決定権の関係は、取材者と取材対象者の関係を全体的に考慮して、 取材者の言動などにより取材対象者が期待を抱くのもやむを得ない特段の事情が認められるときは、 編集の自由も一定の制約を受け、取材対象者の番組内容に対する期待と信頼が法的に保護されるべきだ

という要件を挙げている。

NHKは即時上告したが、もしこの判決が確定すればさまざまな波及効果をもたらすことになると思う。まず 「期待権」そのものについてお墨付きを与えたことがひとつ。そして「特段の事情」にあたるかどうかや「中立的な立場での取材」 かどうかを判断する権限はそれぞれの裁判官にあるというわけでしょう。即座に「期待権侵害訴訟乱発」という事態にはならないかもしれないが、 もっと確実な基準(判決をじっくり読めば書いてあるのかもですが)を示さないと、 じわじわと萎縮効果が広がって自己規制がかえって進むのではと危惧してしまいます。

(c)についてはこれまでの経過を見る限りやむをえない判断なのかなあと。 政治家の意見を忖度する=政治介入と認めるには相当の証拠が無いと無理だけど、 NHKが自ら政治家の介入を認めるなんて口避けババアでもありえないでしょうから。該当する部分は以下の引用部

なお、原告らは政治家などが番組に対して指示をし介入したと主張するが、面談の際、 政治家が一般論として述べた以上に番組に関して具体的な話や示唆をしたことまでは、 証人らの証言によっても認めるに足りない。

「までは」の部分を「黙示の圧力」があったことを暗に認めているかどうかは意見の分かれるところだろうが、 作文に苦労したのは間違い無さそうですな。

ところで介入があったかどうかは実は安倍・中川VS朝日新聞の問題でもあって、 これは朝日サイドが飛ばしであると認めてしまい、本田記者も飛ばし済み。手打ちということなのか、お互いに事実確認の訴訟も起こしていない (だから多くの人は実際に介入があったと思っているのだが)。

そこでおそらくリンクされまくっているであろう問題の魚住スクープだ。 「言った、言わない」の不毛な議論にケリをつける可能性を持った、朝日記者の取材メモ(テープ?)を再現したこの記事では、 放送日以前に安倍晋三、中川昭一がNHK幹部を議員会館に呼びつけ、放送中止を求めるよう要請したことが明記されている。 今回の判決はこれを真っ向から否定した。つまり魚住スクープもデマであったことが司直の手で認定されてしまったことになる。 朝日の腰の引けた対応の結末がこれだ。

今回の件も含めNHKの言う「公正、中立」という言葉の価値はいよいよ地に堕ちた。

しかし朝日もそうだが、NHKの報道はまさに絶望的な状態ですね。「正さん日記」 さんも書いておられるが記者たちには同情を禁じえない。

posted by Aequitas at 22:42 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32440940

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。